通信制高校の学費の目安とは

自宅で勉強することもできて仕事と両立できる、手頃な学費で卒業が目指せる

自宅で勉強することもできて仕事と両立できる、手頃な学費で卒業が目指せる安い代わりに生徒が自らモチベーションを保ち、勉強を続ける必要がある無理なく勉強が続けられる学習スタイルを決めることが重要

自宅で勉強することもできて仕事と両立できる通信制高校は、手頃な学費で卒業が目指せる学校です。
実際は学校によって違いはあるものの、初年度は数万円で済むケースもあるので、かなりお得だといえるでしょう。
例えば、経済的に困窮していて学校に通うのが難しい、そういう家庭にとって勉強を諦めずに済むチャンスとなります。
通常は登校する必要がないので、仕事をしながらでも勉強できますし、空いた時間を使って自身のペースで学べます。
いわゆる学習センターで学ぶとなると、自宅で勉強をするよりもお金が掛かる傾向です。
しかし、自宅なら校舎を利用する必要がなく、制服も不要なのでとてもコストが抑えられるわけです。
公立の年間の学費は1桁台の3万円前後が目安なので、非常にお得で定時制では考えられない金額です。
安さの理由は主に授業料の違いで、私立だと1単位で1万円くらいの費用が発生しますが、公立なら数百円と大幅に異なります。
この傾向は全日制高校にも見られるもので、通信制高校も共通して公立の方が圧倒的にお得です。
内訳は入学料が数百円、授業料が単価と年間履修数を掛けても1万円以内、実費の教材費やレポートの郵送費を加えたものとなっています。
公立は公立でも、定時制高校だと年に10万円以上のお金が必要になります。
これは給食費や修学旅行の費用が多くを占めているので、これらの費用が発生しない通信制高校がお得なのは当然です。
逆にいうと食費を加えれば学費の差は縮まりますし、定時制高校はコストが高いことが分かります。

学費が安いオススメの通信制高校https://t.co/VexQzynHgu pic.twitter.com/8fXYqq6jV4

— 通信制高校ガイド (@tsusinseiguide) July 6, 2020