通信制高校の学費の目安とは

安い代わりに生徒が自らモチベーションを保ち、勉強を続ける必要がある

自宅で勉強することもできて仕事と両立できる、手頃な学費で卒業が目指せる安い代わりに生徒が自らモチベーションを保ち、勉強を続ける必要がある無理なく勉強が続けられる学習スタイルを決めることが重要

ただし、安い代わりに生徒が自らモチベーションを保ち、勉強を続ける必要があります。
そのハードルは思いの外高く、卒業できる生徒は全体の半数を切ります。
私立と比べても大幅にお得ですが、コストが小さくなる分だけ、学習のサポートも薄くなる傾向となります。
安さだけならトップクラスではありますが、メリットだけでなくデメリットも存在するので、トレードオフの関係だと理解することが不可欠です。
私立に入学する場合は、年に30万円前後の費用を覚悟する必要があるでしょう。
自宅で勉強をするとしてもこれくらいの費用は発生しますから、公立と比べて私立は随分違います。
私立の学費の内訳は入学金が5万円程度、授業料は単価が7〜8千円くらいで、それに履修する単位数を加えたものです。
施設費は年に3万円ほどで、2万円くらいの教育拡充費というものが発生することもあります。
実はこれでも比較的安い方で、学校によっては年に40万円以上になるケースも少なくないです。
いずれにせよ、自宅学習をするにしても公立と私立で10倍もの差がありますから、通信制高校だから安いというわけではなく、良く考えて比較検討することが必要です。
想像に難くありませんが、通学で勉強をするとなれば費用は大幅に増加します。
具体的には通学の回数によって違ってきますが、入学金が1万円程度でも、単価が5千円以上の授業料と、年5万円くらいの施設設備費が発生します。
補修費だけでも20万円近くに到達することがありますから、自宅学習と比べて学費がアップするのも頷けます。
教材費は数万円程度ですが、合計すれば年に50万円くらいの費用となります。
週1回の登校でも年50万円ほどになるので、経済的に余裕のない家庭だと負担が大きいです。
通学とはいっても、基本は自宅などで学習をするスタイルですから、イメージ的には自宅学習と通学が半々といった感じです。

通信制高校 学費通信制高校、公立と私立の違いは学費だけではない?